~ CAFUA的 湘南Life ~

大きく括ると柔軟性のはなし

大家好! 我是高桥。
えー皆さまこんにちは、タカハシです。

前回ブログに書いた検定試験が無事に終わりました。結果は7月に出る予定です。
それまで一ヶ月ドキドキなわけですが、ただじっとドキドキしているだけなのもなんなので(笑)
次の取り組みを始めることにしました。

今回受けた試験はハングル能力検定だったのですが、次は秋ごろにHSK(漢語水平考試)を受けてみようと考えています。標準中国語の試験です。

韓国語と中国語の勉強を始めたのは昨年の5月、同時だったのですが、体感進み具合でいうと韓国語の方が順調でした。
それでハン検を先に受けたのですが…
ひとつお伝えしたいのは、文字も体系も異なるせいか、韓国語と中国語は自分の頭の中で混ざらないため、同時進行で勉強するのも比較的楽だったということです。
フランス語とスペイン語を同時進行したら…楽な部分もありそうですが、混乱しやすい気もします(^_^;)そういう意味で。

それで、ハン検が終わって、よーしこれからは中国語頑張ろう!と思ったら、自分でも驚くほどパッとチャンネルが切り替わりまして…
今まで何かと、自分の思考を韓国語に置き換えていたのが、出てこなくなった(・_・;)
それでいて、中国語はこれからだからまだ出てこない(・_・;)
ちょっとへこみそうな状況ですけど…ここはへこむところじゃありませんね。と、自分を励ましつつ。

今回に関して言えば、中国語と韓国語は分離されていて、混じり合う混乱はない。けれど、互換性とか柔軟性みたいなものもない。
これが、自分に都合よく、いつでも引き出せるようになるのが良いんだろうなぁ。どっちも上達したら、中国語と韓国語の翻訳ごっこをするといいのかもしれない。欲張るなら、英語も交えよう(日本語はどうでしょうか。ある方がいいのかない方がいいのか、そこから考える必要がありそうです)。

さて
もう一つちょっと書いておこうと思ったのが、楽器のこと。
私が楽器と言った時、一番に上がる候補はホルンでございます。
大学を出てから、もう十余年…まともに吹いておりませんが、先週末ちょっと気が向いて楽器を取りだしてみました。
先頃メンテナンスに出したのでロータリーやスライドは問題なし。それと、楽器を吹いていない間に4年間習っていたvocalの経験がある。
1週間に一度とか、1ヶ月に一度とか、そんな風にも吹いていなかったのですから、ろくに音も出ません(ノ_<)ですけど…
不思議と気持ちが落ち着いていて、以前とは違う感覚がありました。

リップスラーをしていて、なんだか、重量挙げや体操のつり輪競技のイメージが浮かぶ。
マウスピースに息を入れると、小高い山からすぅっと吹き下ろしてくる冷たい風になったような気がする。

それは今のところただのニュートラルなイメージなので、良いものか悪いものか、人畜無害か(笑)分かりませんが、
しばらくこの感覚を味わって楽しみたいと思っています。
加えて、コントロールしやすいリード(唇)作りと、良いコントロールの習得?についても考えながら、
のんびりやっていきたいですね。

それで、今日のこの二つの話題をむりくりまとめると、「柔軟性」あるいは「寛容性」というテーマに集約されるのかなと。
どうですか?むりくりすぎますか?

今日は写真もなく、とりとめのない長文をお読みくださりありがとうございました。
次回もきっとつれづれ(^_^;) もしよろしければ、忘れたころに(なんとか思いだして)覗いてみて下さい。
ではまた。

タカハシ
  1. 2017/06/12(月) 14:09:54|
  2. LIFE

2017年のジャパンバンドクリニックが終わりました。

皆さんこんにちは。タカハシです。
先週末に浜松で行われた、第48回 日本吹奏楽指導者クリニックでは、CAFUAの展示ブースにも沢山のお客様、先生方にお立ち寄り頂き、誠にありがとうございました。

このように(右側に看板がありますが)
ヤマハさんの売り場のすぐ手前にブースを出させて頂きました。

CAFUAブース

このブログではあえて個人的なことをお話ししようと思うのですが、
まず一つ、会期中に金管バンドによるレパートリー紹介の講座を少し覗きに行かせていただきました^^
ブリティッシュスタイルの金管バンドを、実はちゃんと聴いたことがなくて…生でも、録音でも。
コンサートではなく講座のレパートリー紹介でしたが、初めて金管バンドの音を聴くことが出来ました。

当然ではありますが、やはり吹奏楽の音とは随分違うものですね!木管楽器がない、トランペットもない、
その日のバンドではトロンボーンは入っていたのですが、
線画的線がなく、空間をみちみちに埋め尽くさんという音の響きがとても…
驚きました(日本語崩壊)。
文化、志向から違うんだなと感じて、とても新鮮でした。
ぜひまた、コンサートなどで聴いてみたいですね!ちょうど1年くらい前から、コルネットも吹いてみたいとぼんやり思っている元ホルン吹きです。

もうひとつは、これまたちょうど一年前から勉強を始めた韓国語と中国語について。
始めて続ける理由はいろいろあるのですが、その中で外せない動機の一つがこのJBCでした。
中国韓国さらにシンガポールなどからのお客様、アメリカなどからお招きした講師の先生にお会いする機会があります。
「ただ手をこまねいていられない!何かしよう!」と始めたのが一年前、
そして今年は、
・韓国からのお客様と少しお話し出来た
・中国(台湾)からのお客様と、タイミングの問題で何もお話し出来なかった
・英語話者のお客様や講師の先生と、(語学力不足で)まともに話ができず悔しかった
という結果に終わりました。

ええ…
少しでも話せて通じ合えて嬉しい所もあったし、会話が成り立つかはともかくまずはお話ししたかった!という所もあったし、
(なんか好きじゃないから)という個人的感情で放置してきた英語を、「やっぱりもう少し真面目に勉強しよう」と思うところもありました。

そしたら、一年後はどうなりますかね??
期待しつつ、また一年、マイペースに勉強を続けてみたいと思います。
とりあえず、来月予てより申し込んでいた検定試験を受検します!

梅雨前の今はさわやかで良い時期ですね。
どうぞ皆さま気持ちのいい季節をお過ごしくださいませ。

タカハシ
  1. 2017/05/27(土) 11:24:31|
  2. REPORT

「一生に一度は見ておきたい」そうで

皆さまこんにちは。タカハシです。
ちょっと久しぶりの更新になってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか。

4月になり、やっと暖かくなるかと思いきや、天候不順や、雨降りで冬のように寒い日や、はたまた時折夏日などもあって、
まったく油断できないというか…のどかな春の陽気にほっこりする、などということはあまり出来ていないなぁ、という気がします。
それでいてゴールデンウィークが明けたらもう夏のように暑くなるのでは?まったく、やっきりしますね(笑)

さて、ゴールデンウィークのような時はわざわざ人込みに出掛けたくない派の私は、少し早めに近場でお出かけしてきました。
ネモフィラという花、ご存知ですか?

ネモフィラ1

茨城にとても広いネモフィラの花畑があるんです。

ネモフィラ2

まるで青い花の丘と青い空がつながっているみたいでした!
実際、日が照ると眩しくて、写真を撮っても、うまく撮れているのか現地では確認できないような感じでした。

私はネモフィラの花を初めて見たのですが、色味はオオイヌノフグリ(こちらは道端でよく見かけます)に似ています。
花の大きさは、ネモフィラの方が大きいですね。

ネモフィラup

青だけでなく、白い色の花もあるんです。

この丘のエリアがネモフィラ畑だったのですが、チューリップのエリアもあってそちらも見ごろでした(^^)

チューリップ

むしろネモフィラはこの頃7~8分咲きという所でしたので、ゴールデンウィークに行かれる予定の方はちょうど良いタイミングだと思います!楽しみですね!

久しぶりにこんな立派な鯉のぼりも見ました。

鯉のぼり

鯉のぼりって広くないと上げられないんだよな。。とつくづく思います。
風が吹いて気持ち良さそうです。
歌の「おもしろそうに泳いでる」という表現も、それこそおもしろいなと思います。

最後に、
遠景ですが牛久の大仏様を…

牛久大仏

結構遠くからだったんですが、この存在感!
いつか足元まで行ってお参りしたいです。

というわけで、GWに一足はやく小旅行に行ってきました。
たまにはこうして非日常を味わったり、綺麗な景色を見るのも良いですね。

それでは皆さま、よい連休を!

タカハシ
  1. 2017/04/28(金) 18:29:29|
  2. LIFE

響宴ⅩⅩを終えて

皆さまこんにちは。タカハシです。
今回の更新は、先日都内文京シビックホールで行われた、21世紀の吹奏楽 第20回“響宴”について簡単にレポートさせて頂きたいと思います^^

年に1回開催されているこの邦人新作演奏会、第20回ですから単純に考えて20年前から開かれているわけですが、
20年前は21世紀じゃなかったじゃないですか!時代の先を見据えていましたね~~!
ともかく、20年こういった取り組みが続いているというのは大変なことです。

CAFUAは今年もロビーに入って右手前、クロークのスペースにブースを出させて頂きました。

CAFUAブース1


新作や特に人気のCD・楽譜を展示販売させて頂き、

CAFUAブース2

沢山の吹奏楽ファンの方々や作曲家の方々にお立ち寄り頂きました。写真はごく一部ですが、

坂井貴祐氏
今回スクールバンド・プロジェクトに作品を書かれた坂井貴祐さんや

堀田氏と松下氏
これまでの響宴で度々作品が取り上げられている、堀田庸元さん、松下倫士さんにも写真を撮らせて頂きました!


もちろん各氏が手にしている楽譜は弊社取扱いのものです(笑)


そしてなんと今回、「“響宴”への永年に渡る理解と支援に」と感謝状を頂いてしまいました!

小澤先生と

なんと畏れ多い事でしょうか…いつもお世話になってばかりで、お礼を申し上げるべきはこちらなのに(>_<)
これからもより一層精進していかなければなりませんね!

さて、今回の響宴で演奏された作品のうち、いくつかの楽譜をCAFUAでお預かりすることになりました。詳細は追ってHPの方でお知らせしていきますので、チェックして下さいね。

そして、次回第21回の響宴は同じく文京シビックホール大ホールで2018年3月、そこでの演奏作品の募集はきたる5月1日から31日までということで、もうすぐですね!
来年はどんな作品に出会えるか、今から楽しみです!

というわけで、ごくごく簡単ではありますが、3月19日(日)に行われた21世紀の吹奏楽 第20回“響宴”の話題をお届け致しました。お読み下さりありがとうございます!
ではまた!

タカハシ
  1. 2017/03/24(金) 17:41:04|
  2. REPORT

予告いたしました

안녕하세요? 다카하시입니다.
こんにちは、タカハシです。
だいたいそんなふうに書きたかったのですが、正しく書けたのでしょうか…
特に、名前の書き方がちょっと心配ですね(^_^;)

前回のブログにも書きましたが、ちょうど韓国方面の話題が出来ましたので少しお話させて頂こうと思います。
先日、初めて新大久保のコリアンタウンに行って来ました。

初めてだったので全く土地勘もなく、何をしたらいいのかも分からないまま「とりあえず行っちゃおう!」と勢いで行ってみたのですが、食事と食べ歩きと、何かのお土産を買って帰ろう…というおおまかなテーマだけ考えて行きました。

そして食事

昼食

あぁ、また写真が回ってしまった…
ットクというお餅と餃子が入ったスープがメインの食事です。
떡만두국(ットクマンドゥグッ)といいます。
お惣菜が5品ついて全部で千円弱ぐらいです。
このスープが、玉子と海苔が入っていてすごくいい味でしたね~~!
すごくいい味だったのに…
お餅がおなかにたまって完食出来なかったのが、とても悔やまれます。

改めて考えてみると、近場の繁華街にある韓国料理のお店に、ピビンパや冷麺やスンドゥブなどのメニューはだいたいあっていつでも食べられます。
私が今までそういった代表的なメニューしか見ず、食べなかっただけかもしれませんが、今回ットクを食べることが出来たのは良い経験でした。
ットクは、もち米で作る日本のお餅と違いうるち米で作るそうで、食感も違いましたし煮溶けにくいところもあるようです。

じゃあ次は食べ歩き行ってみましょう!
食べ歩きにぴったりなおやつがこちら!

はちみつのホットック

ホットックでございます。
なんだか名前が似ていますが、偶然なのか必然なのかちょっと勉強不足で分かりません。
平たく焼いたおまんじゅうのような感じで、油感もあるので、ドーナツみたいな感じもしますね。中に具が入っていて、具の種類はいろいろ選べるのですが、今回は一番シンプルな蜂蜜入りのものにしました。一つ200円くらいから。
蜂蜜だけでなく、シナモンも入っていたようです。

ここまで読んで、「なんだか随分食べてばっかりだな~?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか…実は本当にそうで、いえむしろ、
「一日(正確にはほんの4時間くらい)の滞在で、食事をして食べ歩きもする」というプランは胃袋のキャパ的に無理がありました(=_=)
危惧はしていたのですが、やってみて、やっぱりダメだ…ということが今回明らかになりましたので、今後の旅行などのプランニングでは気をつけようと思います。
(ホットックは味見程度に食べてから家に持って帰って翌日食べました)

けっこう歩きまわって、韓国食材のスーパーやコスメショップでも少々買い物をして、帰る前に…と韓国の伝統的なお茶が飲める喫茶店に入りました。
水正果(スジョンガ)を頼んでみましたよ!

スジョンガ

スジョンガは生姜とシナモンが効いた甘辛い飲み物です。
薄味でやさしい雰囲気の飲み物なのかなと思っていましたが、正直、想像していたよりもずっと甘くて辛かったです! 一口ごとにちょっと間を空けなければいけないほど!

これが本当の味…ってことでいいのでしょうか、ちょっと確かめようもありませんが、機会があればまた他のお店などでも飲んでみたいと思います。
他にもいろいろな種類のお茶がありましたので、そちらもぜひ味わってみたいです!


…こんな感じで、韓国語を勉強している流れで行ってみましたが、やはり予備知識が不足していると充分に楽しめないという感じはしました。ですが、今回行ったのでなんとなく街の様子は分かりました!また行った時には、さらに深く?楽しめるだろうと思います。
自分の勉強は始まったばかりだなぁ、ということもよく分かりましたので、引き続き学習をしつつ、またこの街を訪れる時を楽しみにしたいと思います。

本日も最後までお読み下さりありがとうございます!ではまた!
안녕(アンニョン)!

タカハシ
  1. 2017/03/02(木) 18:31:57|
  2. LIFE
次のページ

FC2Ad