~ CAFUA的 湘南Life ~

高田亮マリンバリサイタルReport!

皆さまー。こんにちわ。mihoです

なんとなく(いや、結構…)寒くなり、風邪をひいていませんか


レポート遅くなりました。先日の高田さんのリサイタルの素敵な衣装を皆さんにご紹介
と、こ・の・ま・え・に…

いよいよ、明日発売になります

9月29日発売 定価2,800円(税込) CACG-0158
高田亮(マリンバ)/Colorful
※画像クリックで、商品購入ページになります。





今回、このCDのA&Rを担当させていただきましたmihoですが、本当に良いCDです←ざっくりな説明。。。
こういうCDこそ、ブックレットを手にとって、聴いて頂きたいものです。何度か、ここのblogでもお伝えしていますが、内容がColorful
高田亮さんの魅力が、ぎっしり詰まっています




さて、お待たせしました
9月に行われた、高田さんのマリンバ・打楽器のリサイタルのレポートです


今回もパワーアップしていました
ジャケット撮影の際の、ピンクと紫の衣装を見て、これ以上の衣装はないと思っていたのですが…、ありました、それが…、もう、解説なんていりませんね。

では、お楽しみください。














まぁ、ここまでは、ね。想像出来る範囲でしょうか。
そして、メインの曲で…


















えー

頭にかぶっているの、なんですか
てか、その衣装で、マリンバ演奏するんですか…。



高田さんが、派手すぎるので、他の人が、こんな衣装を着ていても、普通に見えてしまいます。
えーっと…ウサギ



まだまだ、進化を続ける高田亮さんでした。
ぜひ、アルバム買ってみてください



miho

  1. 2010/09/28(火) 11:21:27|
  2. REPORT

高田さんのリサイタル裏側

奥野です

中学と高校の母校、今年も支部大会まで行きましたが残念ながら全国は行けず。
西関東の壁は大きいです…
と思ってたら大学が行きました。びっくり
でももう私が4年目だから知っている後輩はいないのが残念ですね


さてさて。
巷で(内輪で)騒がれている高田さんのCD
お店や出版社さんでは大人気です
先日行われたリサイタルで先行発売を致しました



ロビーではこんなふうに飾って頂きました



ちなみに。
リサイタルの会場はみなとみらいホールだったのですが、私はほとんど大ホールしか行ったことがなく、6階にある小ホールから見る外の景色は新鮮
横浜~って感じです。



そして本番前の小ホール。




なんてことはさておき。
気になるのはやっぱりコンサートの衣装、ですよね

今回7曲のラインナップ



ちなみに衣装を着ているのは高田さんだけではありません。
一緒に演奏されるRyo's Factoryの方も。
これで高田さん始め、皆さんガンガン演奏されるからスゴイ

本格チャイナ。かわいい!
こういうのがスラッと着れちゃうのが羨ましいなぁ。。。




で、高田さんのメインの曲の衣装、これです
(すみません、着替え中の撮影です…)



…マイメロディみたい…


ちなみにこの日私が一番驚いたのは、高田さんの衣装ではなく。

お客さんがこの衣装を見てどよめきもなく普通だったこと

楽しみにされているんだな~人気あるんだな~と改めて思いました。


来年もみなとみらいの小ホールでリサイタルが行われます!
気になった方は是非行くべし!



おくのきよみ


  1. 2010/09/25(土) 18:40:37|
  2. REPORT

火の鳥は飛んでゆく

今日はいよいよ文教大学CD「火の鳥」の発売日です


そんなわけで今日は今月三日に行われた
文教大学吹奏楽部さんのサマコンの模様をお伝えします


場所はサンシティ越谷市民ホール

舞台裏で仕込みをしております。機材はいつものこいつ等

赤い彼がとっても印象的です。奴の名は「レッド・ワン」


厳正なリハーサル風景の中、舞台袖にはこんなものが…
 …?
説明しよう。
文教大学さんは入部後すぐにそれぞれパートごとに部活での名前を襲名するだ。
先生がそれを覚えるように各人譜面台にこの紙を張ってアピールしているのだ。
私も早く襲名したいものです。


何やかんやでリハも終り開場です。

そう!ロビーでは「火の鳥」の先行発売が行われております。

売り子さんは昨年卒業の
OGの「ですから」さん(すみません本名すぐ出てきません)
と「松田」さん(逆にあだ名出てきませんごめんなさい)
自分たちの4年生の時のCDをじゃんじゃん売っている模様です。

その他たくさんのOB、OG方々がスタッフとして
現役生の応援に駆けつけておりました。

ホール外でのよびこみ

もぎり

ドアマン←彼は長崎…? いやいや熊本からやってきた

お客さん

フロアマネージャー

私も見習わなくては… 山形、仙台の方々ごめんなさい


さてさて、現役生の方はいよいよチューニング
チューニング中に打楽器の方々が念入りな打ち合わせをしていたので、
激写しようとしたらこの有様。

本当にこのシャッターを押す3秒前くらいは
真剣な顔で打ち合わせをしていらっしゃいました。

邪魔してごめんなさいねと言っていたら
なんと指揮者の佐川先生が登場
こちらも写真を撮らせてもらいました。


チューニングも終り今度は舞台袖の緊迫感を撮ろうとカメラを向けていたら、

あっ 気づかれた…
なんか人集めていらっしゃる…


こうなっちゃうわけねー…



いよいよ本番のベルがなり演奏会が始まりました。

今回のメイン曲はアダージョ・スウォヴィアンスキェ/天野正道作

パンフレット解説には9分弱にもかかわらず楽曲は60小節しかない…
あれスコア多くない…?
これは佐川先生と天野先生がなせるわざ、
大幅な加筆が加えられているようです。
次号乞うご期待!!

クラシカルだけではなくもちろんポップスステージも充実の内容


熱気で写真が曇りだしました…

写真では音までお伝えできないのが非常に残念!
そんな方には文教大学の熱気をお届け「火の鳥」好評発売中です
この燃え盛るジャケットが目印!!


いやーでも今回は佐川先生が「のだめカンタービレ」の何チャラ先生の格好で
出てきてびっくりでしたよ。CDではビジュアルが伝えられないのも残念。

そんな方には

2010年12月23日

サンシティ越谷市民ホール

文教大学第33回定期演奏会へ!!




北のはやさか

  1. 2010/07/14(水) 01:44:37|
  2. REPORT

高田亮さん撮影会

ワールドカップも熱いですが、CAFUA事務所も昨日はいろんな意味で熱かった

久しぶりの登場mihoです

昨日は先日レコーディングを終了した、マリンバ・打楽器奏者、高田亮さんのジャケット撮影でした


ご存じない方も、いらっしゃいますが、高田さんと言えば華やかな衣装
「おしゃれは我慢」と言うほど衣装に凝っています。今回は、リサイタルで使用した衣装、「高田さんベスト10」を持ってきてと頼んだところ…

ずらりっ

「気合い入れてきた」って、かわいい声で、言われても。。。
ざっと数えて、20着はありました

着替えの部屋がいっぱいです

普段は、マイクをセットするブームスタンドも、総出で衣装のハンガーへとなりました。
こういう衣装の撮影には、「レンタル」を使用しますが、なんとこれすべて高田さんの自前


今回もカメラは山根さんにお願いし、準備中



さて、準備も整いまして、いざ撮影開始
お気に入りの10着と、言いたいのですが、miho選りすぐり着をご紹介します。


これは高田さんのお気に入りだそうです。かっこいい



撮影は、マレットをもっていろんなポーズをとってもらいました。
衣装の雰囲気に合わせたポーズをして撮影。



どこの国の王子



「飛ぶ感じ」と言ったら、舞ってもらいました・笑


究極はこれ

頭に羽、生えてます
顔、埋もれそうです。。。


まだまだ、他にも撮影はしましたが、ぜひCDのジャケットでお楽しみください。
なんと、CDブックの中身、フルカラー(の予定)
タイトルは「Coloful」なだけに、Colofulで攻めることにします

撮影に使った衣装さんたち、お疲れさまでした。そして、使わなかった衣装さんたち、すみません。



見ているだけで、楽しめる撮影でした。あっ、もちろん、微力ながら手伝いましたよ。
完成まで期待してお待ちください。



◆おまけ◆
朝、高田さんは、少し早めの入りでした。
撮影開始まで、少し時間があり「ぜひ着てみてかぶってみて」というお言葉に甘え
 
kiyomiかぶっちゃいました。そして…


 着ちゃいました。

一人で着るのが難しいのでmihoアシスト。
他の人も着たのですが、なぜか、許諾がおりず、ノリノリのkiyomiの画像だけアップします。
現在、ピンクの衣装、事務所にありますので、着たい方はぜひCAFUA事務所mihoまでお問い合わせください・笑



miho
  1. 2010/06/26(土) 13:20:02|
  2. REPORT

収録のお話3

そんなわけで奥野です

やばい!一ヶ月経とうとしている!
収録のお話。第3弾

「大いなる秋田」の収録のまたまた2日後。
5月25、26日はサクソフォーン奏者・國末さんのセッション・レコーディングでした



正直2日間のレコーディングだったので、本当に終わるか不安でした
が、終わりました。(当たり前)

なんと言っても、國末さんとピアニストの中村さんのタフなこと
音が全然疲れない!休憩中もひたすら練習なお二人
そしてお二人ともすごく明るく楽しい方で、こちらが励まされました~



セッションをやってると、シビアな箇所が出てきてなかなか進まない…なんてこともあるのですが、(吹き始めの音とかは特に)國末さんの場合はヴィジョンが明確なので、こちらも迷うことなく本当にスムーズに収録が終わりました
ピアノの中村さんも深くて響く音を出されて、ピアノも楽しめますよ!あんなピアノの音が出せるようになりたひ。。。


そして今回の國末さんで、実にCAFUA6人目のサックス奏者CDになります
私が入ってから國末さんは4人目、担当は3人目。
一口にサックス、と言っても全然音が違うのが面白いのです
これだけ音色があるのもサックスの特徴かもしれないです。


録り終わった最後に皆で記念写真
開放感出てます(笑)
The主役・國末さん(中央)にピアニスト真理さん(前列・左から2番目)、
立ち会って頂いた高橋宏樹先生(後列・1番左)、譜めくリストゆりかさん(前列・一番右)、
ピアノの音を甘く響く音にしてくれる調律師の岩崎さん(後列・左から2番目)とは2年半ぶりにお会いしました!
今回もお世話になりました~。
そして皆様、大変お疲れ様でした~



今頑張って編集中。。。
(でもプロの方って波形がほとんど同じだから助かるテイク数は多いけど…
國末さんのアルバム、注目ですよ



Kiyomi Okuno



  1. 2010/06/23(水) 15:42:15|
  2. REPORT
前のページ 次のページ