~ CAFUA的 湘南Life ~

全国大会のお話 その2

おくのです。


続きまして高校の部。
(チケットを譲って頂いたNさん、Hさん、本当にありがとうございました!)

感想というよりも、書いていたら裏話みたいになっちゃいました。。
今回も文字のみでお届けします。



大阪桐蔭の梅田先生にお会い出来ました。いろいろハプニングがあったそうですが、聴いている側としては全くそれを感じさせない堂々とした演奏でした。
先生曰く「だいぶ課題曲が速くなってしまった」とのことでしたが、「よく生徒たち付いてきたなぁ!あいつらすごいわ!」とおっしゃっていました。
個人的には梅田先生のネクタイがいつもかわいくて注目しています。この日は楽譜が描かれたネクタイでした~。(←見るところが何か違う)



四高の井田先生、今年は珍しく「金賞取りに行く」と宣言されていました。見事でしたね!
四高さんはとにかくキレイで雄大なサウンドの印象が強いのですが、今年は一味違いました。
いつもより荒々しく感情的というか。キレイさを逆に壊してきたというか。

先生にはそのことを伺いませんでしたが、今回のCD「ラッキードラゴン」のジャケットを選ぶ時に、「赤が良いな。『ラッキードラゴン』は怒りを表している曲でもあるから」と先生がおっしゃっていたのを思い出しました。そういうのを表現されたのかなと思います。良い「ラッキードラゴン」を聴かせて頂きました~!



春日部共栄の都賀先生にはちゃんとお話出来なかったのが残念。。結果発表後にお会いしたのですが、「結果がCDの売り上げに関わったらごめんね」とおっしゃっていました。(…恐縮です。こちらの告知の問題です。。)
CDの打ち合わせで何度か学校に行き、練習されている姿を一番見た団体だっただけに、個人的な思い入れも有り…。
「レミゼ」は何回か聴かせて頂いていますが、客席で聴くのは初めて。すごく良かったです。気持ちが伝わる演奏だったと思います。

コンクール自由曲として選曲された直後、伊奈と曲がかぶっちゃってさ~と連絡が来たのがもはや懐かしい感じ。そして私は森田先生版も好き(笑)



光ヶ丘女子の日野先生、去年か一昨年に「うちは新譜で面白い曲をやっていきたい。既存の曲だけだと聴いている人がつまらなくなるから、うちみたいのが少しは無いとね」なんておっしゃっていたのですが、今回の「サンタ・カテリーナ」は光ヶ丘の定期演奏会の委嘱作品。
楽譜見ると面白いんです。多分楽譜担当いくさんがレンタル開始時に書いてくれるはずなので、ここではお伝えしませんが。。
それと、最終的に「サンタ・カテリーナ」でタイトルが落ち着きましたが、何回かタイトルが変わっているため、社内では初演時の名前が通名になってます。そっちの方が言いやすいし(笑)



最後にもう一つ。

ブレーンさんがいつもDVDを12月にリリースされていますが、すごく制作スケジュールがタイトなんです!私でも分かるほどすごくタイトなんです!!
コンクール終了後の広島への帰路でも中継車の中で編集をされているそうです。制作として頭が下がる思い…。
ま、こんなとこで言うのも変な話ですが、団体だけじゃなくてそういう裏側もあるよってことでここでお伝えさせて頂きました~m(_ _)m



ぐだぐだな全国大会感想(?)になりましたが、これにて退散!
少しでも思いなどが伝われば幸いです。

今年もたくさんの音楽に出会えて、たくさんの方にお会い出来ました。
本当に楽しかったです。
改めて、関係者の皆様に感謝。

来年も行けたらいいな~。




おくの
  1. 2013/10/31(木) 20:00:23|
  2. LIFE

全国大会のお話 その1

おくのです。

今年も行かせて頂きました!
チケット発売日にCa社長とお互い2種の機器を使いながら某チケット販売店と格闘し、何とか手に入れました。

今年はCAFUAの楽譜で参加されている団体さんが多く、本当に有り難く聴かせて頂きました。
1年を通して演奏者さんが向き合ったり、思い出に残る曲として選んで頂いたことに感謝。
本当に皆様、ありがとうございました。

演奏者さんだけでは無いですね。
一度、松戸四中の保護者の方が携帯電話の着信音で、当時の自由曲が流れていたのを聴いて良いなって思いましたが、関係者さんにも感謝です。



さて、つらつらと。私目線の感想なんぞ。
文字だらけです。ご了承下さいm(_ _)m


★中学の部。


午前を3階で聴いていたのですが、朝から素晴らしい演奏が続く続く。。
中学生ってすごいと改めて思いました。演奏だけでなく、集中力と本番強さに感服。

演奏後にロビーの端で寝てる学生さんも見掛けましたが、
そりゃ疲れるよな~と思って見てました。



特に印象に残った団体を。
「セルゲイ・モンタージュ」を演奏された防府市立桑山中学校さん。
1~3年生全員で50人とのことで、あのステージには全員で乗っていらっしゃったそうです。3年生のいないパートもあるにも関わらず、全員で作り上げられたサウンドには驚きでした。
特にサックスパート、上手かったですねー!!ソロを吹いていた方は2年生だそうです。来年も楽しみなバンド!


「トリトン・デュアリティー」を演奏された徳島市国府中学校さん。
バンドクリニックで藤本先生にお会いし、今年やりますとお声かけ頂きました。
また、全体像が知りたいとその場で「トリトン 全楽章」の“POST de スコア”もお申込み頂き、曲に対してとても熱心な先生だなと感じました。
あの曲を中学生でやってしまう凄さ。最後まで緊張感を失わない、スピード感ある演奏を聴かせてくれました!
個人的にCD買っちゃった♪



そして午後は1階席へ。
3階席で聴いて、これは中学生!?と疑ってかかっていましたが、
1階席に行って皆さんの顔を見て何だか安心しました(笑)


「Play with Heart」シリーズでおなじみの松戸市立第四中学校さん。
圧巻!!というか、コンクールというよりも演奏会に来ているような感覚に陥りました。特に課題曲3はポップス要素が強いので、松戸四中のポップスステージを聴いているような。
自由曲はサウンドのブレンド感が松戸四中らしくて、すごいなぁとひたすら感心させられました。ホントにキレイでまとまりがありますね。




あと。twitterにも書きましたが、羽村市立羽村第一中学校さんのチャイコ、今年はCDに収録出来るのが個人的に一番嬉しかったことです。
2010年に普門館でCD即売させて頂いていた時は収録NGで、出演者にもお渡し出来ず心苦しい思いをしました。
コンクールで自分の演奏が聴けないって悲しいですし。。



いやー!毎年各出場団体が進化しているのを肌で感じました!
すごい!!とにかくすごい!!



次回は高校の部!




おくの
  1. 2013/10/30(水) 21:23:16|
  2. LIFE

CDの紹介8

おくのです。

12月になくなる予定だったこのブログ、ブログのお引越し方法を見つけられたそうで継続することになりました。

おおお、12月までと決めてやり始めた私の立ち位置ががが。

うーん…しばらく続けます。



さて。本日の一枚はコレ!
CAFUAセレクション2008『バンドのための民話』/航空自衛隊西部航空音楽隊



昨日は「2014」の会議をやってましたー!
「2014」もようやくスタート!どんな作品になるか、わくわくします。
新譜ばかりですので、完成系が分からない感じがセレクションの制作の楽しいところ。
(怖いところとも言う)


さて、このCAFUAセレクションシリーズの第5弾「2008」。
私が初めてこのシリーズに関わったのが「2008」で、そこから6作担当させて頂いております。

初めてのことで、今までで一番制作がつらかったタイトルですね。
それ以上に選曲委員の先生方、演奏団体さん、会社の上司の皆様、、、たくさんの方にご迷惑をお掛けした心苦しいタイトルでもあります(笑)


演奏して下さった西空、とにかく上手いです。
レコーディングで生で聴いた時は衝撃でした。
全体のバランスも抜群だし、細かいニュアンスまで本当に丁寧に再現して下さるんです。
新譜だけじゃなくて、他にも音楽を聴きたいです。またお仕事ご一緒したいなぁ。


一つの聴き所は「GR シンフォニック・セレクション」でしょうか。
「GR シンフォニック・セレクション」と言えば、やはり浜響吹さんのイメージが強いので、音楽作りには特に苦労されていました。天野先生は「好きなようにやればいいよー」なんておっしゃってた記憶が。
個人的には「スター・ウォーズ」が抜群にカッコいいので好きです。
トランペットの高音がキレイに突き抜ける感じは爽快ですね!!

それと、「ノーブル・エレメント」はこの年に楽譜が出版になって、ギリギリ選曲に挙げた曲でもあります。一番最後に決まった曲です。


毎年のことですが、収録時間がギリギリ入るか入らないか、の瀬戸際で選曲を行っています。収録後はヒヤヒヤです。
新譜なので録ってみないと時間が分からないんですよね。。
もっと言うと編集しないと分からない。「2012」と「2011」をお持ちの方、是非トータルタイムを見てみて下さい(笑)


この年はスウェアリンジェンをもう1曲収録予定で、収録当日に止めたりもしました。
本当にお蔵入りしてしまった曲は、「2013」の特典で付けたCDの「リヴァー・オブ・ホープ」だけですが。
そして課題曲も録ったので、終わらない、ってなったんですね。確か。


そんなこんなで最後までスリル感が味わえるCAFUAセレクション。
「2014」も頑張って参りますー!



おくの
  1. 2013/10/24(木) 14:39:35|
  2. LIFE

CDの紹介7

おくのです。

お誕生日シリーズ(?)
本日は、マルコム・アーノルド。

作曲家のお誕生日はいつもナクソスさんのツイートで知るという。
いつも参考になるツイート、ありがとうございます。twitterは私のかなりの情報源です。


さて、CAFUAでアーノルドと言えばこれですよね!
マルコム・アーノルド作品集 Gift from Arnold/文教大学吹奏楽部




実は。
文教大学さんで唯一のセッションレコーディングのアルバムなのです。


特に注目はCDに収められている中でも貴重な「いたずらベッカス」と「オーヴァーシーズ」の2曲。

「いたずらベッカス」はこのレコーディングのために瀬尾先生が新たに編曲された作品。
アーノルドが21歳の時に作曲されたそうですが、このあとに続く交響曲等の作品のような色はすでに出ているのが分かります。メロディーに遊びがあって面白い!

そしてアーノルドは管弦楽曲を始め全てのジャンルを作曲してますが、吹奏楽作品は2作品のみ。
そのうちの1曲が最後の「オーヴァーシーズ」です。イギリスとアメリカのマーチをいいとこどりしたようなマーチ。でも決して奇をてらっているわけでは無いところにセンスが見えます。



レコーディング後、有り難いことに文教大学さんの打ち上げに参加させて頂きました。
佐川先生と夜中3時まで飲めたのは良い思い出です(笑)
レコーディングは2007年だったため、当時の4年生の方が私の1個下に当たり、すごい親近感もありました。
レコーディングでは大変だったという思い出の方が多いのですが、このアルバムの時は楽しい思い出の方が強いです^^


ちなみに、、、
ブックレットにアーノルドの肖像画が掲載されています。
制作を担当していた私の上司が海外の権利元とやり取りしていて、ようやく許可が取れて掲載出来たという貴重な肖像画です。

いろいろと思い出すと懐かしい作品です。。


今事務所でCAFUAセレクションのCDをかけてますが、この後にアーノルドかけようっと。

ではこの辺で。



おくの
  1. 2013/10/21(月) 14:07:00|
  2. LIFE

好きなCDの紹介6

今週より適度なアップを目指します。

いつも極端すぎると言われる人間です。
おくのです。


さて、本日はこの1枚。「交響詩『ドン・ファン』/神奈川大学吹奏楽部




の中の「MUTA in Concerto」が好きです♪

CDの詳細ページにも書いてありますが、ソプラノ・アルト・テナー・バリトンの4本を使った作品。

1楽章はバリトンで「Opening Baritone」、
2楽章はテナーで「Tenor Cantabile」、
3楽章はアルトで「Sop Step Alto」、
4楽章はソプラノで「Soprano Finale」
となっています。



さすがサックスも演奏される方!と言わんばかりのそれぞれの音色を生かした楽章と、石毛先生らしいスピード感や爽快感が味わえます。
石毛先生の曲はホントにかっこいいですよね!

骨太なイメージのバリトンに速いパッセージと繊細さで1楽章から度胆を抜かれます…。ラストのエッジの効いた音が好き!
キレイなテナーに、ちょっと風変りな雰囲気のアルト。
石毛節が一番出ているのはソプラノかと思います。スピード感に変拍子、打楽器もカッコいい!最後はめちゃくちゃ高い音が待っていて、サックス吹きへの挑戦状のような印象も受けます(笑)
全編通してカッコいい!!に尽きる作品です!


このCDではソロは須川先生で、石毛先生もピアノで参加されている超豪華なメンバー!
ブックレットにもピアノを弾いている写真を載せています。
舞台袖でも変わらずにこにこ笑顔で本番を迎えていらした印象があります。

それにしても…「おもいのことのは」のような優しいふんわりとした作品も書けて、引き出しが多くある方だなぁと思います。


下谷奨励賞の作品ですので、聴いたことのある方も多いかと思いますが、
まだの方は十分石毛ワールドに浸れる作品ですので是非!



おくの

  1. 2013/10/17(木) 13:37:54|
  2. LIFE

好きなCDの紹介5

おくのです。


本日はこれ!「交響曲第4番/福岡工業大学吹奏楽団」!




今年の2月にリリースした新しい商品です。
昨年の12月にレコーディングし、過去のCDの中で一番制作期間が短い作品です(笑)

全国大会常連のトップバンドではありつつも、課題曲・自由曲しか聴いたことがなかったのですが、前日のリハーサルにCa社長が伺った後に、
“相当上手いよ”
とのメールが来たので楽しみにしていました。


実際、本当に上手い…!!


とてもクリアなんですよね。楽譜がきちんと見える音楽をするというか。
それには音色も関わってくるし、サウンドも関わってくるわけですが、
どういう練習したらこんなサウンドになるのだろうと衝撃を受けました。

音はCDを聴いて頂くとして。(CDのページでは試聴も出来ますので是非!)


ミスも少なく、集中力もすごかったですね!
セッションレコーディングのテイク数で言えば、プロバンド並みのテイク数でした。

1曲目の「マーチ“ザ・ナイン”」は、テストを含め3テイクで終了。
修正する部分が見当たらなくて逆にこちらが不安になるほど…(笑)

昨年の全国大会で演奏された「交響曲第4番」は、2テイクの通し。
1テイク目は少し情熱的に、2テイク目は少し丁寧に演奏して頂き、
結果、コンクールの雰囲気を出そうと1テイク目を使わせて頂きました。

打ち合わせ時には「交響曲第4番」が収録されたオケのCDを見せて頂いたのですが、
軽く50枚は越えるくらいのCDの数。
先生が所有されていて、集めたのは学生さんだとか。皆さん研究熱心。


それと、やっぱり柴田先生がトランペットだからでしょうか。
「ルロイ・アンダーソン・ポートレイト」の「トランペットの休日」はホントにすごい!!
あれだけ揃うともう怖い!(笑)
こちらは特に聴いて頂きたいですね!!


作品を収録している保科先生、小長谷先生も唸るほど!
もっと知って頂ければファンも増えるのになぁと思います。
(こちらの告知の問題もあるので恐縮ですが…)


CD詳細ページはこちら(http://www.cafua.com/products/detail679.html)ですので、是非♪(笑)



おくの
  1. 2013/10/15(火) 11:06:45|
  2. LIFE

好きなCDの紹介4

奥野です。

早速ですが。
本日はこれ!「ファンタジーズ/昭和ウインド・シンフォニー




昭和ウインド・シンフォニーさんのCDでは、特にこの「ファンタジーズ」か「リ・バース」が好きです。
(というか、好きな感じの曲がたくさん入っています。。)


昔ここでも言った気はするのですが、このCDで初めてマカリスターの曲を聴いてマカリスターが好きになりまして!収録曲の「ポップ・コピー」が新鮮。
吹奏楽作品は少なく、この作品が発表された時はまだ1曲しかなかった方。というのもあって、新鮮なのかもしれません。

この後、「リ・バース」では「フリーバーズ」が、「波止場」では「ラヴソングス」と、マカリスターの作品を昭和ウインド・シンフォニーが取り上げているのですが、どれを見ても作風が普通と違う!
陳腐な言い方をすると、エネルギッシュでダイナミックでスピード感があります!
で、えっここでこうなる!?と、期待を裏切るというか考え付かないことが起こるというか、個性溢れる作風です。


このCDで「ポップ・コピー」が“動”なら、「コーラス・オブ・ライト」が“静”。
神秘的な和音がずっと続くコラールのような作品が「コーラス・オブ・ライト」。
ケヴィン・プッツの初吹奏楽作品でもあって、タイトル通り光が歌声のように降り注ぐ曲。

と曲の紹介はこのような感じですが、個人的には今までで一番編集がつらかった曲です。
私はシビアな作品ほど精神的に来ます。。
頭も使うので、こういう曲を編集すると脳みそが出そうになるのです。


そして、昭和ウインド・シンフォニーと言えば、指揮者のコーポロン先生と福本先生。
指揮者のコーポロン先生は、毎年新しい日本語を一つ発していかれます。こないだは「バイナラ」でした。(誰が教えるんだろう…)
とってもお茶目な先生です^^

ちなみに、、、演奏曲目と同時に指揮の割り振りもコーポロン先生から福本先生に指示があるのだとか。
福本先生曰く、毎回難しい曲が割り当てられるそうですが(笑)、
その中でも「リ・バース」の「キャッツテイルズ」は楽しかったそうです。



昭和ウインド・シンフォニーのCDは聞きなれない曲が多いため、手に取りづらい方もいるかと思いますが、吹奏楽の動向を知るにはベストのCDだと思っています!
こんな曲あるんだ!新しい!という曲ばかりです。

ご興味ある方は是非♪



おくの

  1. 2013/10/11(金) 11:38:33|
  2. LIFE

好きなCDの紹介3

おくのです。

今日はポール・クレストンの誕生日。

というわけで、今日は「LESSONS OF THE SKY/林田和之」!



昨日雲カルの新作がリリースされましたね。
気になってるのでCD買う予定です^^
精進せねば!


マスランカの曲の深みは言葉に出来ないですし、雲カルのあのサウンドもマスランカの曲にぴったりだと思います。むしろサックス?という音色を出しますよね。演奏を聴くと鳥肌が立つアーティストさんたちです。
あと、毎回音を聴く度に進化しているのが私が聴いても分かる。より4人の響きが一致したというのでしょうか。すごいです、ホントに。


逸れましたが、林田さんが吹いたポール・クレストンの「ソナタ」が、この「LESSONS OF THE SKY」には収録されています。

個人的に、林田さんの音と音楽の捉え方が好きです。
押し引きの移り変わりがとても滑らかで、引きの部分は特に上手さを感じる部分でもあります。


レコーディングでは、毎回音が変わらないことに驚きました。
ある程度その時のテンションだったり疲れ具合で音色が変わるのですが、全然変わらないんです。イコールどこでも繋げるという編集には有り難い方です(笑)

それと、ピッチにすごく敏感で、
「ここの16分の連符の3拍目、低くなかったですか?」
というような細かい箇所まできっちりと聴こえる耳の良い方。
(私もピッチの部分では多少自信がありますけど、え!気にならなかったけど、という感じ…)


とにかく林田さんの音楽が全面に出ている作品です。「ソナタ」以外の他の曲もすごく良いんです!!
聴いて損無し!と思います。いつか林田さんの歌モノも聴いてみたいなー!^^

本日はこの辺で。



おくの
  1. 2013/10/10(木) 11:53:57|
  2. LIFE

好きなCDの紹介2

おくのです。
こういうことなら書けるようです(笑)


今回紹介するCDは、「交響組曲『ガイア』/浜松交響吹奏楽団」



浜響吹さんは今年の全国大会にも出場されますね。
とにかく圧倒的な音の力と言いますか、訴えかけるものがすごくて感動する音楽ってこういうものなんだな、と毎回感じさせてくれるバンドです。

サウンドもすごい、うおーーーーってくる感じ。(私の語彙の無さ)
ものすごくキレイなのに迫力があって、とにかく心が動かされます。

そんな浜響吹さんのCDと言えば、やっぱり「『GR』よりシンフォニック・セレクション」が有名です。
(コンクールではカットされることが多いのですが、私はオーボエとサックスのソロの部分が大好きです!)



さて、この「ガイア」。
全4楽章で51分20秒もの超大作です。

楽章名は詳細ページをご確認下さい!→http://www.cafua.com/products/detail296.html
そして実はこの作品はSACDなんです。

メッセージ性が強く、地球誕生から現在までが描かれています。
ブックレットには作曲者の天野先生がプログラムノートを書かれていて、それを読みながら是非聴いて頂くと、より一層深く心に入ってくると思います。



レコーディングでは3楽章から収録をしました。
失礼ながらレコーディングで初めて「ガイア」を聴き、テストテイクで涙が出ました。
知らないうちに出ていたので、あれは自分でも驚きです(笑)

それなりにレコーディングではプレッシャーがあるため(しかも1年目だったし)、テストテイクは楽譜を追うことに精一杯なので無の状態に近かったはずなんですが。

後にも先にもレコーディングで泣いたのはこれだけです。


そんな涙を流していた私の後ろでモニタリングをされていた天野先生。
朝ご飯代わりにじゃがりこを食べていらっしゃいました。。

…偉大すぎます。


曲のテーマがテーマですが、レコーディングは指揮者の浅田先生やバンドの皆さんの明るさで楽しく出来たのが印象に残っています。

ちなみに、2楽章のユーフォソロはヒットラーの演説を表しているそうです。
4楽章のラストは特に泣けます!!
天野先生の作品にご興味ある方、音楽で心を動かされたい方!

この浜響吹×天野正道の最高傑作、是非ご堪能下さいっ!!



思い出話になってしまった。。
次回は何にしようかなー。



おくの

  1. 2013/10/09(水) 13:01:48|
  2. LIFE

好きなCDの紹介

ご無沙汰しております。
おくのですm(_ _)m

しばらく更新していなかったのはネタが無いからです。すみません…。
お休みはきちんと休んだり遊んだりしているのですけども。。


突然ですが。
あまりにも私の更新率が低いので、個人的に好きなCDを紹介するコーナーを設けたいと思います。
でも12月にここのブログが無くなるため、いつまで続くかは分かりません(笑)


では早速。
今回のCDは「メキシコの祭り ヴィジョンズ・オブ・ライト/土気シビックウインドオーケストラ」




何か聴きたいなーと思った時にふと手に取るCDがある程度決まっているのですが、その中の一枚でもあります。
特に私「ヴィジョンズ・オブ・ライト」が好きなんです!


この「ヴィジョンズ・オブ・ライト」は、ゲストのトロンボーン奏者・新田さんがシビックさんと演奏するなら、と選んだ曲だそうです。(私もシビックさんのアグレッシブなサウンドにぴったりだと思います)

新田さんもこだわりにこだわりを重ねて、録音がこの曲だけで5時間!
(その後も帰られることなく他の収録曲にも乗っていらっしゃいました。メンバー表にも名前が掲載されています 笑)
編集も何度かやり取りさせて頂きました。東京音大へ行って、約25分のこの曲を一緒に何回も聴いたのは良い思い出です。

映画音楽のような曲と言ったら語弊があるかもしれませんが、とにかく全3楽章すべてドラマチックでカッコいい!!特に2楽章が好きです。オススメ(^^)


ちなみに、、、人気の「マードック」はこのアルバムが初収録。この曲はテストで聴いた時から「これは来る!」とスタッフ皆で思いました(笑)

収録時にいろいろと楽譜が変わっていくんですが、打楽器ソロの後にaccelしたり、ホルンもオクターブ下だったのが上に上がったり…というのは加養先生のアイディア。
そうやって音楽がどんどん良くなっていくのをモニタールームで聴くのは本当に楽しいです。



セッションレコーディングでは曲やプレイヤーさんたちと向き合う時間が長いので、思い出もたくさん。今後も少し紹介出来ればと思います。
Facebookで語るには文章が長すぎるし…こういうのはブログが良いですね~。

きまぐれ更新にならないことを祈る。。。



おくの
  1. 2013/10/08(火) 17:21:43|
  2. LIFE

FC2Ad