~ CAFUA的 湘南Life ~

英語、中国語

こんにちは。タカハシです。
10月末に予定通りTOEICを受検しまして、当日試験の後は休んで翌日から中国語の勉強を開始しました。12月あたまにHSKを受検します。

それで今、自分のスケジューリングについてとても反省しています…
TOEIC直前1ヶ月くらいになれば、毎日の勉強時間に占める英語の割合が当然増えます(たぶん、9割くらい)。試験が終わるまでそんな感じで、それから次の試験の準備を始めると…中国語の準備期間が1ヶ月しかないということに!
これはあまりにも無謀でした。HSKの予定が先に決まっていて、後からTOEICをつっこんだとはいえ(←言い訳になってないけど)…1ヶ月はダメだ!
最低2ヶ月、出来れば3ヶ月は…試験と試験のインターバルとして用意すべきだったと、いま痛感しています。
HSKももう申込んでしまったのでとりあえず頑張りますが、そのあとは、「試験と試験の間は最短でも3ヶ月空ける」、これを肝に銘じてやっていこうと思っています。

先に済んだTOEICはといえば、目標に到達するには、まだ少し勉強が足りなかったようだというのが試験中からの感覚でした。リスニング問題中に意識がなくなりそうなほど眠くなるのは、話の内容が理解できていないからでしょうね?(^_^;)
結果が郵送されてくる前にオンラインで結果を照会できると知って今日見てみましたが、まだでした(汗) よく考えたら、まだ試験から1週間しか経っていなかった…さすがにまだ、結果出ませんよね。

それで、現在は9割以上中国語の毎日なのですが、昨日の日曜日だけちょっと遠出して気分転換してきました。
ランチャー台1

富士山の麓の朝霧高原というところで、パラグライダーで空飛んできました!!
空中写真
これは怖くて顔がこわばっているのではなく(笑)、自撮り棒の先に付けたカメラの設定を確認しています。後ろの男性がパイロットで全部操縦してくれるので、客になる人は景色を楽しむだけです!

飛んでいる最中はもちろん高いんですが、実は山の斜面に設けられたランチャー台(発射台?)の上が意外と怖い。
ランチャー台2

写真だと伝わりにくいですが、傾斜が40度弱くらいあるんじゃないかと思います。普通に足が滑りそうだし、転がったら即落下…に見えます(^_^;) 客観的なことより、感覚的にかなり怖いです!

そして実はここで、予想しなかった中国語&英語実践の機会がありました!この日このパラグライダークラブに集まった人の、ざっくり6割が中国人、1割がイギリス人!!

沢山話すタイミングも度胸もなかったのですが、それぞれ少しだけコミュニケーションを試みてみました。
ちょっとでも何かが通じれば嬉しいし、ちょっとしか話せないから悔しい。度胸と声量と反射能力と言うべき言葉のストックが足りない。と、こう…何かあるとき課題が明らかになりますね。
そして、中国人率の高さ!中国語を学ぶ必要か意味のようなものを確かに感じた良い機会でした。

こうして中国語に対するモチベーションも高まったことですので、ムリめのスケジュールではありますが、頑張って勉強してみようと思います。
次回更新は中国語テスト終了後になる見込みです!
本日も最後までお読み下さり、ありがとうございましたm(__)m

タカハシ
  1. 2018/11/05(月) 18:03:54|
  2. LIFE

FC2Ad