~ CAFUA的 湘南Life ~

収録のお話3

そんなわけで奥野です

やばい!一ヶ月経とうとしている!
収録のお話。第3弾

「大いなる秋田」の収録のまたまた2日後。
5月25、26日はサクソフォーン奏者・國末さんのセッション・レコーディングでした



正直2日間のレコーディングだったので、本当に終わるか不安でした
が、終わりました。(当たり前)

なんと言っても、國末さんとピアニストの中村さんのタフなこと
音が全然疲れない!休憩中もひたすら練習なお二人
そしてお二人ともすごく明るく楽しい方で、こちらが励まされました~



セッションをやってると、シビアな箇所が出てきてなかなか進まない…なんてこともあるのですが、(吹き始めの音とかは特に)國末さんの場合はヴィジョンが明確なので、こちらも迷うことなく本当にスムーズに収録が終わりました
ピアノの中村さんも深くて響く音を出されて、ピアノも楽しめますよ!あんなピアノの音が出せるようになりたひ。。。


そして今回の國末さんで、実にCAFUA6人目のサックス奏者CDになります
私が入ってから國末さんは4人目、担当は3人目。
一口にサックス、と言っても全然音が違うのが面白いのです
これだけ音色があるのもサックスの特徴かもしれないです。


録り終わった最後に皆で記念写真
開放感出てます(笑)
The主役・國末さん(中央)にピアニスト真理さん(前列・左から2番目)、
立ち会って頂いた高橋宏樹先生(後列・1番左)、譜めくリストゆりかさん(前列・一番右)、
ピアノの音を甘く響く音にしてくれる調律師の岩崎さん(後列・左から2番目)とは2年半ぶりにお会いしました!
今回もお世話になりました~。
そして皆様、大変お疲れ様でした~



今頑張って編集中。。。
(でもプロの方って波形がほとんど同じだから助かるテイク数は多いけど…
國末さんのアルバム、注目ですよ



Kiyomi Okuno



  1. 2010/06/23(水) 15:42:15|
  2. REPORT