~ CAFUA的 湘南Life ~

オリンピック・パラリンピック!

こんにちは、タカハシです。
昨日開会式があって、韓国ピョンチャンでの冬季オリンピック・パラリンピックがいよいよ始まりましたね!
冬季だからいいのかもしれませんが、韓国北部はこの時期かなり気温が低いようで、特に今年は例年以上の低温だという話を耳にします。
寒さが苦手な私は、テレビの前でもしっかり防寒して観戦しようと思います(^_^;)

さて
ふと気になったのが、ピョンチャン五輪&パラのエンブレムでした。
個人的な感想は、少し…線が細くて、力強くない感じ?
しかし、こういったデザイン物にはいろいろと意図が込められているものですから、簡単に調べてみましたところ、なるほどと思える理由が見つかりました。

ピョンチャンはハングルで、평창と書きます。
 ピョン(Pyeong)
 チャン(Chang)

この表記のPの子音“ㅍ”と、 Chの子音“ㅊ”をデザイン化したんですね。
そうするとパラリンピックは、“ㅊㅊ”だから…「チャンチャン」じゃないか!となるのですが、そこは文字を離れてデザイン優先で。ということなのでしょう。
イチャモンつけているんじゃありません。こうやってとっかかりがあると、より身近に感じられて、楽しく観戦したり応援したり出来ると思いませんか?

ちなみに、アルファベット表記を見ると分かる通り、ピョンチャンの発音は“ピョン”にも“チャン”にも“g”が入っています。“PyeongChang”です。
「よしやってやろう」という方は、この“g”の存在を意識して聞いたり発音したりしてみるのもいいと思います。


それから…
各国からの応援団がいるとはいえ、やはり現地観戦者でもっとも数が多いのは開催国である韓国の方々! 当然、韓国語による応援の掛け声が多く聞こえてくると思います。
例えば…

がんばれ!:힘내! ヒムネ!
がんばって下さい!:힘내세요! ヒムネセヨ!
がんばろう!:힘내자! ヒムネジャ!
ファイト!:파이팅! パイティン!

こういうのが少しでも聞こえたら、見ているのが楽しくなります。
中国語圏で大会があれば“加油!(ジァーヨウ!、頑張れ!)”が聞こえるし、フランス語圏で大会があれば“Allez!(アレ!、行け!)”が聞こえるものです。

こんなことも楽しめれば、テレビの前で観戦しながら小さな世界旅行気分を味わえますね。

韓国と日本は標準時刻も同じですし、「時差があるから深夜や早朝の競技を見ていて寝不足」ということにはあまりならないと思いますが、逆に仕事や学校の授業があってなかなかリアルタイムで観戦できない、ということもありそうです。
個人的には、平日見られない分、明日の日曜日と明後日の振替休日に見てみようと思っています!

パラリンピックが閉会する頃には春の足音も聞こえてきそうですが、各国選手たちの日頃のトレーニングの成果が遺憾なく発揮され、両大会がスポーツと平和の祭典として最後まで無事に催行されることを願っています。

ではまた!!
タカハシ
  1. 2018/02/10(土) 11:15:48|
  2. LIFE

ご挨拶と12月のご報告など

こんにちは、タカハシです。
「明けましておめでとうございます」というには、もう遅いですよね(しかしはしゃいでこれだけは言います。新年快乐!!)。
本年も、どうぞよろしくお願い致します。

タイトルにございますのは、12月に受検した中国語の試験(HSK)の件ですが、おかげさまで受検した2つの級に合格することが出来ました!
今回かなりハラハラしただけに、ひときわ嬉しさを味わっております。

HSKは受検日から1ヶ月ほどで、合否と、読み取り・聴き取り・書き取りそれぞれのパートの得点を公式サイトで確認できるようになっています。
受検直後に思った通り、聴き取りパートの得点率は他のパートより著しく低かったです(^_^;) それでも、「合否きわどい」と思った得点よりは、幸い、取れていた訳ですが…

最近、語学学習の方法として、シャドウィングはちょっと流行りですよね。手本となる音声が終わるのを待たず、一瞬遅れて(「一拍置いて」の方が音楽っぽいかな?笑)自分も発音・発話する方法です。入力(聴いて)・出力(話す)双方向の学習がほぼ同時に出来て効率がいいとか、自然な抑揚やスピードやリズムが身につきやすいとか、いろいろなメリットがあると言われています。文字が分かるようになったら(うーん、文字が分からなくても出来ないことはないのですが、分かっておいた方が楽だと思います)、すぐ始められると思います。

ですけど…
慣れていない外国語を、聴き取りながら即座に自分も喋り、なおかつ喋りながら次の音声も聴いてまた喋ってる。この取って出しの連続は結構しんどいと思います。
モノローグをべったりシャドウィングしようとしたらどうなるか…想像するだに恐ろしいㅜㅠ

なのでなんとか、自分にも出来るようにやり方を考えています。
例えば、外国語でチャレンジする前に、日本語でシャドウィングそのものを練習します。テレビやラジオの音声を追っかけて…日本語なのに!と思いますが、これが想像以上にスリリングで、集中力を要し疲れもします(笑)
これをやってみると、外国語でするとき、自分にあまりにも高い要求はすまい、と思えます。

それから、モノローグはレベルが高いということを先にも言いましたが、そうでなければ何ターンかの対話例文があり、その前には対話でないフレーズがあり、さらにさかのぼれば熟語や単語があります。
熟語や単語では、短すぎてシャドウィングにはならないかも知れません…1拍置いたら手本がもう終わってしまって、結果的にリピーティングになってしまうとか。でも、それはそれでいいような気もします。

あと、例文を100%聴き取ったり発音したり出来なくても、段階的にはいいかなと思います。聴き取れなかった、発音しきれなかった部分は流す。あるいは初めから取捨選択する。何周もやればそのうちだんだん出来るようになるんじゃない。とのんびり構えます。30%が60%、90%になっていくように…。

うまく言葉にしづらいのですが、その言語そのものへの知や慣れといったものによって、その時厳密には聴き取れなかった部分も推測で補って精度を上げていける部分もありますし、実際聴き取れる範囲も広がるような気がします。単語をいくつ聴き取って覚えておけるかの余裕、キャパシティのようなものが広がっていくということです。

これは…和声聴音でも同じようなことを感じた記憶があります(笑) 和声学の勉強をすることで、進行パターンの知識が蓄積され、聴音の最中に聞こえなかった音も正しく認識(書き取り)出来たりしたという記憶です。

若干話がそれましたが(笑)
勉強をしながらいろいろと考え事をします。カリキュラムやメニューのようなものを自分で作るのは、難しさもあり面倒でもありますが、非常に楽しく、学習の効果は高まり、もしもベストな学習計画ではなかったとしても、自己責任感から納得ができ、ストレスを軽減することが出来ます。
それに、正しいトレーニングであっても、目的や意図を理解していないと充分な効果が得られなかったりしますよね(何も考えずにロングトーンやリップスラーや音階練習をしていた過去の自分を思い出しつつ…)。
同じ行為をしていても、違う意図や目標を設定していれば、得られる効果や結果も違ったりするくらいだと思います。


新年1本目から文字ばかりの長文で申し訳ありません(笑)
そうです、最後に申し訳の写真を一枚…

2018元旦

今年の初日の出です(笑)
2018年も皆様にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます。


本日も最後までお読み下さり、誠にありがとうございます!

タカハシ
  1. 2018/01/13(土) 15:08:14|
  2. LIFE

最後は年末のご挨拶

こんにちは!タカハシです!
前回書いた中国語の試験も、無事?終わりまして。
最近は試験範囲にとらわれず、興味のあることを自由に勉強しております。

試験は横浜国立大学のキャンパスで受けてきました。午前にひとつ、午後にまたひとつ・・・
試験時刻が異なり、隣接する級であれば、1日に複数(最大3つまで)受けることが出来ます。

春に韓国語の試験を受けた時も同じようにして、欲張って置きの級と挑戦の級を受検したのですが、このような受け方もあるとしても、実際どうするかは都度よく考えた方がいいなと改めて感じました。
二つの級を受検すれば、より広い試験範囲に対し準備をしなければいけませんし、当日も単純に必要・拘束時間が長くなりますし、集中力をコントロールしなければなりませんし、そのコントロールに失敗したり疲れたりした結果、一つの級にしぼって受検すればそこで発揮出来たかもしれない力の割合(仮に100としましょう)が下がってしまうかも知れないからです(例えば70くらいまで)。

とはいえ・・・単一科目のレベル違いなので、上の級の範囲を勉強すれば、おのずと下の級はカバーできるはずなんですが(^_^;)
今回午前と午後の試験時間に微妙に長いインターバルがあって集中が途切れそうになったり、寒い時に人混みに出掛けて試験後に風邪を引いたりしたのでこんなことをぼやいています(笑)

そんなこととは別に、横浜国立大学のキャンパスは広くてきれいで、当日は寒かったですが快晴で、とても気持ちのよい日でした。
今年の紅葉

大学のほぼ外で撮影。今年の私の紅葉。

検定試験を語学力向上のツールにしよう!という趣旨の本を以前に読み、最近はそれを試して実践しているところなのですが、実際そういうつもりでやってみると色々な気付きがあります。
学習の過程に試験があれば・・・決まった期限があり、決まった範囲があり、明確な合否またはスコアという評価が与えられます。
それがモチベーションや勉強のしやすさになる面がある一方で、期限があれば焦りが生まれたり、範囲が限られれば視野が狭くなったり興味のある分野ではなかったりもし、試験の合格そのものが目的になってしまい、本来の目的(語学力の向上や実用・コミュニケーションなど)を見失ってしまうこともあります。勉強が面白くなくなり、結局モチベーションが低下して継続もできなくなるかもしれません。

こういうことを実際に感じつつ、では検定試験とそれ以外の勉強を自分に合わせて組み合わせたりスケジューリングしたりしてうまくやろう。うまくやりたい。
こんなふうに考えながら過ごしている今日この頃です。

仮に試験準備をON、それ以外をOFFと言ってみますが、OFF期間に自分の知識を広めたり深めたりしておくことが(それが自分が興味のある分野に偏っていても)、ONになった時にとても大切ですごく役に立つような気もするのです。OFFが侮れない。

そもそも、自分の行動の根底にひとつ「魚を与えるより獲り方を教えろ」という言葉があって、ずっと獲り方(方法)を研究している最中なのですが、結構時間がかかっていて・・・(^_^;)
いつか方法が分かったとしても、それは簡単に人に伝えられるものなのか、ちょっと心配になってきました。どうしても、その人自身が時間をかけて体験しなければ得られないタイプのものだったらどうしよう!!
うーん・・・それも宿題にしておきますね。私の人生は宿題(しかも長期の)だらけ(笑)

もう十分長くなってしまったと思うのですが、最後にちょっとだけ編み物ネタです!

今年の編み物

また段染め糸で編んでいます。細い糸で、結構薄い生地になりますが、帽子になる予定です。
毛糸玉を選ぶ時から、「編んだらどんな感じになるか」と一生懸命想像はしてみるのですが、やはり編んでみると新鮮な驚きがあります。
今のところ・・・絵本に書かれた雪原の風景のような印象を受けています。きっととても寒いのに、なんとなくウォーミングな感じもする不思議な感覚です。
もっと編み進めたら、また印象が変わってくるかも知れませんね。


というわけで、おそらく今回が2017年最後の更新になるかと思います。のんびり更新して参りましたが、いつも読んで下さっている皆さま、誠にありがとうございます。
2018年も相変わらずのんびり更新していく所存ですので(笑)、またお付き合い頂けましたら幸いです。
그럼 여러분,새해 복 많이 받으세요!
良いお年を、そしてまた2018年にお会いしましょう!

タカハシ
  1. 2017/12/21(木) 15:43:44|
  2. LIFE

人と言語と相性とか

你好!我是高桥。
みなさんこんにちは、最近中途半端に你好キャラのタカハシです。

いやぁ…申し込んだ中国語の試験まで、あと1週間ほどになりました。
相変わらず、毎日右往左往しながら勉強しています。
過去問題も見ながら、どんな勉強が必要か考えているのですが、どうも听力(聞き取り)の自分のレベルが非常に低く、とてもあと1週間では対策をして効果を上げられそうにありませんㅠㅠ

そこに含まれる課題は、まず問題に使用される語彙を知っているかどうか、知っていたとして、それを聞き取れるかどうか、というのが一番のネックで、その後は書いてある選択肢の中文を正しく理解して選べるか…などといったことがあります。
語彙も聞き取りも、直前まで努力こそすれ、間に合いはしないと思いますので…
まぁ、そこは頑張るしかありません。あとは、問題の出題形式を知って慣れておくことかなと思います。これだけは、今からでも、やればいくらか効果があるような気がします。

今まで、学校英語の他に韓国語と中国語、またその他の言語を少しずつ勉強してみて、人と言葉には何か相性のようなものがあると感じています。たとえば、同時に始めたにも関わらず、韓国語と中国語の心理的?な楽さは全く違って感じられます。今は…私には、韓国語の方が楽に感じます。簡単だという意味ではありません。中国語は、始めてから約1年半、どうもいつも苦しいのですが、どこかでブレイクスルーポイントが来るのではないかと思っています。そこに至れば、気持ちは楽になるし、語彙さえ増やせばどんどん言いたいことが言えるようになる、コミュニケーションを取れるようになる、そういう期待というか、予感というか、そういうものを感じます。
そうなれば一気に中国語と仲良くなれるのかもしれないのであって、そう考えると“相性”という言葉で片付けるのは単純化しすぎのような気もしますね。もはや言語が人格化され、性格があるような感じがしてきます。

「話す言葉によって、話す人の性格も変わる」「多言語話者は多重人格になる」というようなことも折に触れ聞かれますので、考えてみれば面白いテーマになりそうです。

ひとつ思うのは、人と言語には相性もあり、フェーズもあるのだから、ちょっと勉強がうまく進まないからといって深刻に悩む必要は無いだろうということです。
たとえば私の場合、英語に対して非常に強固な苦手意識がありますが、フランス語に対してはそういうことはなく、楽しく勉強しました。しかし実際には、英語には少なくとも義務教育6年分以上(当時)の学習実績があって語彙もそれなりにあり、フランス語に関しては2年間(2年とりました)の第2外国語としての授業のみで、発音だって良く出来るわけではありません。
つまり…意識や気持ちと、知識量や実力は別モノだということなんですよね。

意識や気持ちが、実力の発揮を助けたり妨害することがあるなら、まずその事実を知り、次の段階ではうまくコントロール出来たらいいな、と考えたりしています。

ここで、私がいつも視聴している韓国語講座番組で紹介されたフレーズを引用します。
늦었다고 생각할 때가 가장 빠른 때이다.
ぬじょったご せんがかる ってが かじゃん っぱるん っていだ。
「遅いと思った時が、一番早い時だ。」

事実かどうかはともかく、勉強などが遅れている気がして気持ちが焦っているときに、ありがたい良い言葉ですよね(笑)
こんな言葉も携えながら、まずは約一週間後の試験まで頑張って勉強し、試験当日も落ち着いて頑張りたいと思います。


あぁ今日は…編み物の話題もあったんですけど(笑)
もう充分長くなってしまったので、その話はまた今度にします。そのとき他の話題がなければ (^皿^)

私の韓国語学習のパートナーの一つ。
hana_vol22


中国語も、こんな良いパートナーやツールを見つけたいです。。

本日も最後までお読み下さりありがとうございました!
またお会いしましょう、再见!

タカハシ
  1. 2017/11/25(土) 11:11:48|
  2. LIFE

手帳の話とか

大家好!欢迎光临!
안녕하세요? 어서오세요!
こんにちは、タカハシです。知る人ぞ知るCAFUAスタッフブログへようこそ(笑)
今日はそういう意味の言葉で始めてみました。簡単にご紹介しますね。

“大家好!欢迎光临!”こちらは中国語です。

大家好!(だーじゃーはお!)みなさんこんにちは!
你好(にいはお)は皆さんよくご存知だと思います。
“あなた”を意味する“你”を、“皆さん”を意味する“大家”に置き換えると、こんな表現になります。
“おおや”ではなく“だーじゃー”ですよ(笑)

欢迎光临!(ふぁんいんぐぁんりん!)いらっしゃいませ!
お店でよく言う決まり文句なんですね。おそらく、空港などにもよく掲示があるのではないでしょうか。
ちなみにこの漢字は簡体字なので、日本の漢字で書き表すと“歓迎光臨!”になると思います(臨の字がちょっと不安なんですが…)。


“안녕하세요? 어서오세요!”こちらは韓国語ですね。

“안녕하세요?”(あんにょんはせよ?)こんにちは。
あんにょんはせよ、と聞けば、ご存知の方も多いのではないでしょうか?
昼夜問わず使える挨拶のフレーズとして、便利な表現です。
もともと「安寧ですか?」と、日本語の「お元気ですか?」的なフレーズなので、“?”が文末についています。これに返事をする時は、
“네, 안녕하세요.”(ね、あんにょんはせよ)と、「はい、安寧(元気)です」のように応えます。

“어서오세요!”(おそおせよ!)いらっしゃいませ!
こちらも定型文ですね^^
“어”と“오”を日本語ではやむなく“お”と同一の字で書き表しますが、本来は違う音になります。“어”は口を縦に少し広く使って“お”と“あ”の中間のような感じで発音し、“오”は唇をまるくすぼめて突き出すようにして発音します。

発音話のついでですが、“안녕하세요?”(あんにょんはせよ?)の
“あん”の“ん”はn、
“にょん”の“ん”はngで、
さらに“はせよ”の“は”にもあるhの音は、日本語のハ行の音よりも弱く発音します(hが弱くなったり、無音になったりしている言語って他にもありますよね)。

私タカハシなので…人生で自己紹介をするようになってから(笑)、kとhの発音をしっかりしなければならない課題とつねに付き合ってきたのですが、韓国語を話すときはhの発音を強くし過ぎないように気をつけています。あにょあせよ、に近い感じです。


前文がずいぶん長くなってしまいました(^_^;)もう本文にいきましょう!

10月に入ってから、書店や文房具店で来年の手帳・カレンダーを目にするようになり、「さすがにまだ早いだろう」と思っていたのに、そのことをツイッターで口にしたとたん…その日の帰りに手帳2冊と自室用壁カレンダーを買ってしまいました(汗

2018年手帳

青いのが仕事用、花のような模様のが私事用です。

仕事用のものは例によって、見開き4日になっているタイプです。今のところこれが一番使いやすい!
見開き4日


一日の予定を書くスペースが充分あり、かつタイムスケジュールというよりは順不同に書いておきたい自分の需要に合っています。先々の予定も(年内のことなら)忘れないように書いておけるし、あとで「あの頃何してたっけ」と見返すのにも、日付と事柄が必ずセットで記録されているのでとても便利です。

2018年で、このタイプの手帳も4冊目になりました。
仕事用手帳たち

自分がびっくりしています。


さて今年の私事用手帳の方は、「韓国語が上達する手帳」という名前が付いています。
イヤリー、マンスリー、ウィークリーのページがありますが、ウィークリーはこんな感じです。
ウィークリー

月と曜日がハングルで書いてあります。また、右上にちょっとした例文が書いてあります。

また、巻末付録として手帳や日記に使いそうな単語のリストがあったり
ワードリスト


語学検定試験の管理・記録のページもあります。
検定受検管理


手帳自体は韓国語学習を意図して作られていますが、使い方は自由だと思っています。
何語で書いたっていいし、ただ普通に日本語で書いたっていい。実は以前に、英語版の同じようなものを使ったことがあるのですが…あまりよく活用できませんでした。
私の個人的な問題?とは思いますが、英語版の手帳を持って、ゆるい気持ちで気楽にやればいいし、英語だけじゃなく何語書いてもいいじゃない?とは、なんとなく発想できなかったのです(まぁ、当時は韓国語も中国語も勉強していなかったという状況の変化もあります)。

「うまく学ぶ」「うまく習う」、あとついでに「うまく教える」
これらは私がなんとなく持っている研究テーマのうちの一部です。
なんとなく、生涯かけて考えるか、そこそこ早くいい境地に到達したら、周りの人と共有できたらいいなーとなんとなく考えています(笑)
“なんとなく”を乱発していますが…

勉強や、楽器や音楽のこと、
よく考えもせずただがむしゃらにやるだけだったけれど、もっと良いやり方があったのではないか…
そういう反省や悔しさから、これらのテーマについて考え続けて、なにかの発見や気付きがあり、それをどこかへ還元して貢献できたらいいですね^^
何をとかどこへとか、誰にとか全部抜けていますけど(笑)そういうのもいずれ埋まってくると思います。

自由に書いたらこんなところに辿り着きましたね(笑) 今回もお付き合い頂きありがとうございました。
あ…最後にひとつだけ!

手帳のこともそうですが、私は何か欲しいものがあってお店などを探しに行っても、条件が合わなければ(気に入ったものがなければ、ともいう)買わないことにしています。
当たり前のようではありますが、例えば今の時期になって「来年の手帳が必要だ」となっても、「気に入るものでなければ絶対買わない」と決めています。
気に入るものと出会えればいつ買ってもいいと思うのですが、出会えそうな時期や場所ってありますよね。
お気に入りの手帳やカレンダーを見つけたい方、シーズンは始まっていますが、品揃えのピークはまだこれからかもしれないし、商品の入れ替わりもあります。
軽~くまめにチェックしていきましょう^^


それでは、本日も長文にお付き合い頂き、ありがとうございました!
谢谢大家,정말 감사합니다!

タカハシ
  1. 2017/10/28(土) 11:48:06|
  2. LIFE
前のページ 次のページ

FC2Ad